Sumi-e/Suibokuga/Ink painting/La peinture à l'encre/墨絵教室//田園都市線 たまプラーザ/小田急線 新百合ヶ丘
オーラのある墨絵 The Sumi-e with an aura

オーラのある墨絵 The Sumi-e with an aura

le printemps

フェイスブックの「墨絵 Sumi-e」というグループに参加しました。ここには2,700人以上のメンバーがいて、墨絵を勉強している世界中の人と交流することができます。私にはちょっとした意図があって、ただ自分の作品を見てもらうだけでなく、世界の人たちがどんな絵を好むのかをここで調査しようと思ったのです。もちろん、自分の作品を2,700人の人たちに一度に見てもらえるのは、それだけでも楽しいことです。

フェイスブックに2枚の絵を投稿しました。1つは「春霞」という川辺の風景、もう1つは「夜明け」という海の絵です。どちらも私の自信作でお気に入りでしたが、圧倒的に人気があったのは「春霞」でした。私は世界中からコメントをもらいました。その中に、”I have been there..(ここに行ったことがあります)” というのがありました。どうやら、この風景は誰もがいつか見たことのある、懐かしい心象風景のようなのです。そういえば、カナダ人の友人もフランス人の友人も、この絵を見て「自分の国にもこういう場所がある」と言ったのを思い出しました。

そうか、私はそういう絵を描けばいいんだ。見る人の心が温かくなるような、懐かしくて涙が出そうになるような絵を描けばいいんだ。そこにオーラを吹き込む。「オーラのある墨絵」です。

I attended a group of Facebook named ‘Sumi-e’. There are more than 2,700 members and we can interact with people who study ink painting. In fact, my intention was not only showing my works to people but also researching people’s favor. Of course, it is great itself to show my drawings to over 2,700 people at a time.  

I posted two drawings; a landscape of the riverside named ‘Spring haze’ and ‘Break of day’ that is the sea of early-morning. Both of them are my favorite but the one that had gotten overwhelming support from people was ‘Spring haze’. I got a lot of comments from all over the world. One of them was like this: “I have been there..” The river is near my house actually, but this landscape seems to be an universal mental scenery. Come to think of it, my Canadian friend and my French friend said the same thing.

I understand that I should draw something like this: the common landscapes that people have a sense of nostalgia. And I will put an aura on them. That is the Sumi-e giving out an aura.

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です