Sumi-e/Suibokuga/Ink painting/La peinture à l'encre/墨絵教室//田園都市線 たまプラーザ/小田急線 新百合ヶ丘
シリーズ最後のヒマワリ The last one of this series

シリーズ最後のヒマワリ The last one of this series

the last sunflower

取り憑かれたように描いた「枯れゆくひまわり」シリーズは、京都の従兄のところに行った幻の№1を除いて最終的に8枚になりました。ずっとモデルをしてくれたヒマワリは、最後は可哀想なくらい干からびてしまいましたが、その姿がまたなんとも美しくてなかなか捨てることができません。それをついに昨日、意を決して下がってもらうことにしました。花瓶の中から手に取ると、花はまだ描いて欲しそうにしていましたが、「ありがとう。あなたたちのお陰でいい絵がたくさん描けたよ」と声を掛けて捨てました。

出来上がった絵を並べてみました。うん、なかなか面白い。いつか、この中から3、4枚を選んで展示しよう。花の絵で人を感動させるのは難しいと、墨絵作家だった伯母がよく言っていました。でも、こんな風にストーリーを持たせることで見る人に感動を与えることはできるような気がします。それに、何より自分が楽しい。それが一番だと思います。

As for the ‘Dying sunflowers’ series which had been possessed me for a while,  I drew a total eight pieces except No. 1 of the illusion that my cousin bought before I had taken its picture. The sunflowers which had modeled all the time dried up finally, but their figure was still beautiful and I could not readily throw them away. But yesterday, I finally decided to leave them. When I picked them up from a vase, they seemed to ask me to draw them more, but I threw them away to the trash box and said, “It’s thank to you, I could draw many good pictures.”

I apposed them. Yes, quite interesting!  “Someday, I am going to exhibit with a choice of three or four pieces of them.” My late aunt who was also a sumi-e artist used to say that it was difficult to impress people in the flower pieces, but I feel like being able to move people with a story in this way. More than anything, I enjoyed myself. I think that it is the best.

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です